トップページ > 教化活動

東京教区の教化活動について

仏道を歩むお手伝い 浄土宗東京教区 教化団長 佐藤雅彦(浄心寺)

信頼できる「灯火(ともしび)」のつながり

南無阿弥陀仏
「浄土宗東京教区教化団」は、437ケ寺ある東京都内の寺院を10のエリア(組)に分け、その各々の組から選出された代表が理事となり、浄土宗や仏教の教化を行っていくための集まりを意味します。東京教区教務所のスタッフと一緒に、浄土宗の檀信徒の方はもとより、広く仏教にご縁をいただく方々が心穏やかにお参りいただき、かけがえのないいのちを生きる「仏の道」を歩むことのお手伝いをさせていただけたらと願っています。

 今日の私たちが生きる社会は、緩やかながらも加速度を上げて変化しつつあります。 高齢多死社会をむかえた生活、お参りの習慣、お寺や僧侶との関わり方等々、変化を受けとめながらも対応しなければならない問題が山積しています。一々のお寺では取り組むことのできない問題も、力を合わせれば問題の解決への施策は見出せると信じて、具体的な活動を展開していきたいと願っています。

 また当サイトを東京における浄土宗の「信頼できるつながり(ネットワーク)」となるように発信してまいりたいと思いますので、どうぞお立ち寄りください。各地各方面で活動されている伝道教化の灯火(ともしび)をつなげていくことで、東京という大きな灯火にしていきたいと願っています。その灯火を感じ、つながっていく時に、釈尊や法然上人の尊いみ教えも、自ずと伝わっていくことと確信しています。 仏縁をいただける皆さんの健やかなことを、陰ながら阿弥陀さまに祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

合掌 南無阿弥陀仏
   

平成30年のはじまりに

浄土宗東京教区教化団 団 長 佐藤雅彦(文京区・浄心寺)

副団長 大原俊洋(練馬区・受用院)
参 事 藤井正史(小金井市・月影寺)

理 事(教区内10組代表)
芝 組 村田洋一(港区・最勝院)
城南組 佐藤久雄(品川区・願行寺)
城西組 阿川正貫(港区・浄土寺)
豊島組 八木千暁(文京区・一行院)
江東組 後藤真法(江東区・圓通寺)
浅草組 岡本幸宗(台東区・清光寺)
城北組 小池章弘(練馬区・快楽院)
北部組 後藤了寛(足立区・林松寺)
玉川組 伊藤弘道(目黒区・浄桂院)
八王子組 豊島明裕(八王子市・相即寺)

ページ上部に戻る