2012 年 12 月 のアーカイブ

今月の法話(12月)

2012 年 12 月 1 日

murata


  「だんだん一年が短くなる……」

    芝組最勝院 村田洋一




 平成と年号が改まって24回目の師走がやってきました。今年もあと一か月です。
 この一年、どんな一年でしたでしょうか。一年を振り返ると光陰矢の如し、「えつ、もう12月、今年も終わり!」と一年が短かったと思う方が多いのではないでしょうか。どうも私たちは何歳ぐらいからなのでしょうか、一年がどんどん短くなってくるようです。

 若い頃は、何をしてもどんな事もみんな初めての事ばかりですから、それは新鮮な毎日ですし行動範囲も広がる一方、出会う人もみな刺激的で、一日24時間がそれこそ感動に溢れ、一年も長かったはずです。それが、年を追うごとに早く過ぎていくようになってきます。かくいう私は50代半ばですが、「一年が早くて……」などと諸先輩に言うと、「何を言ってる、歳を取るともっと早くなるぞ、まだまだ」などと言われますが、十歳ぐらい後輩に、「もう一年経ちましたね、早いですね」などと言われると、やはり先輩と同じ言葉を繰り返す自分がいます。

 法然上人は43歳の時に浄土宗をお開きになったので、浄土宗では43歳までのお坊さんは青年会の会員です。四十面下げた青年会員といったら、お寺さん以外の方はびっくりされるでしょう。私もその青年会員でしたが、十余年経った今そうした会合に顔を出すと、もう大先輩で上座に座わらされるは、長老と呼ばれるは……。自分の中ではついこの間まで青年会員だったはずで、長老と紹介される人は別世界の人だったのですが……。そう、一年どころか十年もあっという間です。

 振り返れば、学校生活、仕事や家事といった日常生活、初詣、節分や夏休みといった年中行事、友人の結婚式や初めての葬儀や法事といった人生儀礼、同窓会や地域の集まりといったイベントと、人生は色々盛り沢山ですが、どんなことも最初は胸を躍らせ緊張し、時には待ち遠しさもあったはずです。それが、同じ事を繰り返すうちに段々「慣れ」てきてしまいます。そうすると、一年が「慣れ」た物事の積み重ねになりますから、「あっ」という間に過ぎてしまうことになるのでしょう。

 さて、法然上人のこんな言葉があります。
「(前略) 日々に六万遍七万遍を唱えば、されも足りぬべき事にてあれども、人の心ざまは、いたく、目なれ、耳なれぬれば、いらいらと、すすむ心すくなく、あけくれは、そうそうとして、心閑(しず)かならぬ様にてのみ、疎略になりゆくなり。その心をすすめんためには、時々別時の、念仏を修すべきなり (後略)」

 法然上人の魅力は何と言っても人間への優しさですが、それは誰もが持つ愚かさやむさぼりといったものは残念ながら修行を積んでもどうも消し去ることはできないようだ、それが人間というものなのだ、と気付かれたことです。その法然上人が、毎日何万回もの念仏を唱えられればいざ知らず、私たちは慢心しやすく、いつの間にか日々の念仏さえ疎かになってしまいがち、だから特別な時間を作って念仏を唱えなさい、とおっしゃったのがこの別時念仏を勧める言葉です。そして、この日々の念仏を疎略にしてしまう慢心ですが、この慢心もやはり「慣れ」から生まれてくるものです。

 もちろん「慣れ」が悪いことばかりではありません。「熟練」と言い換えたら価値が180度変わります。ですが、マンネリにつながっていく「慣れ」は余り嬉しくないもののようです。一年が終わる12月、短かく感じたこの一年が「慣れ」のせいで短かったとしたら、来年はこの「慣れ」を意識して過ごしてみるもいいですね。仏教は気付きの宗教です。「慣れ」を受け入れても、あるいは立ち向っても、どちらにしろ平成25年は「慣れ」を意識し続ける一年にしてみてはいかがでしょう。

今月の法話(11月)

2012 年 12 月 1 日

hojo



    「終活・・・について」

      城南組西應寺 北條雅道




 “終活”なるテーマのテレビ番組を視聴致しました。学生の就職活動、略して就活(しゅうかつ)をモジった造語です。言葉の意味はそのまま、人生の終わりに向けた活動です。これまで仕事などを懸命に勤められた方が、退職などを機に自分の人生を考える、非常に大切なことなのだと思います。

 ただ、少し気になったことがあります。それは「自分の子孫に負担をかけたくないので、所謂 先祖代々の〜家之墓には入りたくない」「子どもたちに迷惑をかけたくないので、自分の世代だけで完結できるものにしたい」という方々の意見が多く取り上げられ、それに賛同する声が多かったことです。

 自分なりにしっかりとした死生観や価値観をもち、ご家族と葬儀やお墓の話をされた上で、そのような選択をされる場合は結構なこととは思いますが、子の負担の軽減の為、個人墓へ入りたいという安易な選択は違和感があります。

 先日、拙寺では50回忌の法要が参列者30名で執り行われました。まさに半世紀。故人を知らない、孫、ひ孫世代まで参列されておりました。「人は二度死ぬ。一度目は肉体の死、そしてもう一度は、自分を知っている人がいなくなったとき」という言葉があります。自分が死んだ後も、自分の事を知っている、慕ってくれる人がいる、本当に素敵なことです。人は人によって生き生かされます。もちろん、親子の関係性だけで成り立つわけではありませんが、しかし、ここに自分が存在する根本的な原因は親、ご先祖の存在であり、先祖なくして自分は存在しません。何よりもかけがいのないもの、それが血縁の関係とも言えると思います。
 ※釈尊の涅槃図に、先に亡くなられた釈尊の母マーヤ夫人を描くことが多いです。

 自分が亡くなったあとも、それを引き継いでくれる者がいること。そのことが「負担をかける」こととは言い難いです。もちろん、負担がない訳ではありませんが、しかし、親や先祖という存在、恩徳を知る事のできる価値は、その負担を上回ると思います。「子どもに葬儀や墓の負担をさせない」と胸を張ることよりも、「万が一のことがあっても葬儀やお墓のことは心配しないでいいよ」と言ってくれる子どもがいることの方がよっぽど自然で誇らしいことではないでしょうか。

 50回忌をわざわざ勤めなくてもいいのかもしれません。しかし、故人がなくなり半世紀経ち、その子、孫、ひ孫が一同に会し、関東大震災の話、当時の仕事の話など若い世代が全く知り得ないことを、見聞きする事はこの上ない貴重な時間であると思います。

 迷惑をかけずに生きて行く事はできない、だから、昔の人は「お互い様」を口癖に生きてきたのでしょう。それが、いつからか「自己責任」という言葉がもてはやされ、自分の子供にさえ迷惑を掛けない、そんな不自然な親子関係を強いる社会になってしまっています。

 自分らしい最期、終活を考えるよりも、自分らしい生き方(生活?)から自ずと自分を慕ってくれる人間関係を構築していくことの方が、よりよい最期、生き方ができるのはないでしょうか。終活よりも、先ずは今自分の生活の中でいろいろな方の縁を感じながら「お互い様」敬意の念を持って生きていきたいものです。
合掌

ページ上部に戻る