2015 年 3 月 のアーカイブ

福島・宮城・岩手「ふれあい物産展」のお知らせ

2015 年 3 月 16 日

hureai_s

大本山増上寺御忌会(4月2日(木)~7日(火))
        ・灌仏会(花まつり・4月8日(水))
の間、大殿前にて
〝福島・宮城・岩手「ふれあい物産展」”
(浄土宗東京教区青年会主催)が今年も開かれます。
東日本大震災被災地へ支援のこころを込めて、
4月2日(木)~4日(土):福島県、5日(日)~6日(月):宮城県、
7日(火)~8日(水):岩手県の名産品などを販売しております。
美味しい品々が人気で、例年、多くの方々に各種ご購入いただいております。御参拝の折には、ぜひお立ち寄りください。

今月の法話(3月)

2015 年 3 月 1 日

agawa_s


  


「私たちをつなぐもの」

阿川正貫(城西組 浄土寺)






かみなりをまねて腹掛けよっとさせ

 まだかみなりの季節ではありませんが、そんな古川柳があります。初めてこの句を知った若いころは、ただ字面を追って、まあそうだろうなあ、と思うだけでしたが、わたくしごとながら遅くに子に恵まれ、その子がこういう年頃に育ってきたとき、この句が不意に懐かしく思い起こされてきました。江戸の長屋か商家か、その昔の親子の情景・心情がありありと我がものとなり、大げさに言えば「古典を読む喜び」を味わうことができました。

 それほどの名句ではないでしょう。別に私が文学鑑賞に目覚めたのではなく、子供のとの時間・経験を通じて、私の心が変わったのです。これも大げさに言えば、子供のおかげで、私は別の人格になった、わけです。いや、それは言い過ぎですね。子供に親が成長させてもらった、少なくとも変化させられた、ということです。

 考えてみれば当たり前のことではあります。子供のおかげで分かったこと、発見したことはたくさんあります。とはいえ、普通には親が子を育てる、親の保護や影響のもとで、子供は人となる。だからこそ、皆さん、子供のことを考え、熱心に教育なさいます。その中でこの当たり前のことが、ややもすれば忘れられがちなのではないでしょうか。

 小さく弱い、何も知らない子供が親に影響を与える。親と子は影響を与えあい、お互いの人格を作ってゆく。

 それはもちろん、親と子に限りません。上司と部下。先生と生徒。先輩と後輩。上下関係とは別に、お互いがお互いの原因となり、影響を与えあっています。友人・知人、ご夫婦ならなおさらです。目の前の親友に影響を与えた見知らぬ誰か。その人が親友を通して私に影響を与えてきます。

 さらに言えば、人間だけではない、生きとし生けるものが、だけではない、山や川が、あるいは人間の作ったいろいろな「もの」が、あるいは世の中の状況が、宇宙のあれこれが、身の回りにかかわってきて、私をかたち作っています。私自身もまた、誰かの、何かの原因となっています。私たちは互いに互いの原因となりあって、この世界を成り立たせているのです。

「すべては縁によって起こる、すべてのことには原因がある」

 お釈迦様が見出したこの世の真理、「縁起」の教えです。もちろん原因は一つだけではありません。それほど単純なわけではないので、大きい原因、小さい原因、知っている原因、知らない原因、うれしい原因、うれしくない原因、取り除ける原因、取り除けない原因。いろいろなものの絡みあいです。
 さらには同じ原因でも、受け止め方によって結果が変わってきます。そのあたりを見据えて、現状にどういう対処してしてゆくか。それが生きてゆく上でのひとつひとつの知恵でもありましょう。また、「皆様を成り立たせている故人とのご縁、生き死にを隔てても変わることのないご縁をどうぞお大切に、皆様同士のご縁もあらためてお大切に」などとお話しすることもございます。

 私たちすべてをつなげているもの。わたしたちすべてにつながっているもの。そこに私は、ほとけさまのお心、ほとけさまのお力を感じます。この世を貫く真実の中には、ほとけさまがいらっしゃるでしょうから。

 親バカな書き出しから始めて、どうやらここまでお話を進めてまいりました。親子の、夫婦の、それぞれの暮らしのあちこちにほとけはおわします。自然に手が合わさり、「なむあみだぶつ」が出てくる私でありたいものです。

ページ上部に戻る